相続対策【相続税】

相続対策【相続税】

 

 相続税対策を考える上で、まず、はじめに行わなければならないことは、自分の財産をしっかりと把握することです。


 もともと、相続税がかからないのに相続税対策として贈与税を支払って贈与をしたり、養子縁組をしたりすると、余分な税金を納めることになったり、家族間でトラブルを起こすきっかけになったりする場合もあります。

 

 また、相続税がかかる場合でも、税金の金額や財産の内容によって行うべき対策やその優先順位などは違ってきます。

 

 具体的な対策としては、以下のようなものが考えられます。

 

 ● 不動産を使った対策

 ● 法人設立による対策

 ● 生命保険を使った対策

 ● 贈与による対策

 ● 養子縁組による対策   など

 

 それぞれの対策については注意しなければならないことも数多くありますし、なにより総合的な判断に基づいて行う必要があります。

 

 当社では、経験豊富な相続アドバイザーがご相談者とじっくりとお話をさせていただきながら、より適切な対策のアドバイスと実行のサポートをさせていただいております。

 

 相続税対策をお考えなら、まず一度、お気軽にご相談下さい。

▲このページのトップに戻る