相続対策プランのご提案

名古屋近郊で相続対策を総合サポート致します


 相続対策を考えるには、まず、自分の財産の内容と金額を把握することです。そして、相続税の金額を算定し、かからない場合は遺産相続で揉めないための対策を検討し、かかる場合には、それに加えて相続税の対策も検討する必要があります。当事務所では、そのために「相続シミュレーション」の作成をお勧めしています。ご興味がある方は、是非一度ご相談下さい。

 相続の対策としては、生命保険の加入や不動産の購入、また、贈与や遺言などいろいろな方法があります。


 しかし、相続対策は、その方の年齢や家族状況、財産の金額や種類などによって、行うべき内容やその優先順位などが大きく違ってきます。

 

 そのため、相続対策を行うためには、まず、「自分の財産の内訳や金額を把握する」ことが大切です。そして、現在の状況をしっかりと確認したうえで、適切な相続対策を適切なタイミングで具体的に進めていく必要があります。

 

 また、相続対策を行うには注意しなければならないことも数多くあります。自分では良いと思ってしたことが逆効果になってしまうこともあります。

 

 当社では、適切な相続対策を行うために「相続シミュレーション」の作成をご提案しております。


●「相続シミュレーション」とは

 

 「相続シミュレーション」とは、まず、自分の不動産や預貯金、株式など現在の財産の相続税評価額を算出し、相続税がかかるかどうかの確認を行い、また、かかる場合はいくら位かを計算します。

 

 その結果、相続税かかかる場合には相続税を減少させるための対策などを具体的にご提案し、かからない場合は、遺産相続で揉めないためのご提案などを行います。

 

 また、遺言をお考えの場合には、「相続シミュレーション」を作成することにより、「遺留分」などを考慮した適切な遺言書を作成することができます。

     
 当事務所では、経験豊富なの行政書士・ファイナンシャルプランナーが、その方に合った「相続シミュレーション」のご提案と相続対策の実行のサポートをさせていただいております。 

 

 相続対策についてお考えなら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。


●「相続シミュレーション」作成の流れ

 

 @ まずは、お電話で現在の状況などをお聞かせ下さい。

 A お電話でお話しご信頼いただければ、お伺いしご提案に関する詳細とそれに伴う費用などについてご説明させていただきます。 (訪問の際の費用等は一切かかりません。 ) 

 B ご納得いただけましたら、実際に「相続シミュレーション」に必要な書類などを確認しながら、提案書の作成に入ります。 (その場でお決めいただく必要はありません。)  

 C しっかりと打ち合わせを行いながら、ご相談者の状況やお考えに合った「相続シミュレーション」を作成し、詳しくご説明させていただきます。作成期間は2週間から1ヶ月を目安にしております。)  

 

 その後、「相続シミュレーション」に沿った対策を行う場合には、実行のためのアドバイスやサポートをさせていただきます。


 ●作成の費用

 

 当社では、ただ単に、一般的な相続対策のご提案をするのではなく、ご相談者の状況やご希望などをしっかりと確認した上で、より良い相続シミュレーションの作成とその後のサポートをさせていただいております。 

 費用は 30,000円〜 となっております。      

 お電話・メールでのご相談、また、初回のご訪問は無料で行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。 

 

「ホームページを見て…」とお気軽にお電話下さい

TEL 052-784-5510 

受付時間 : 午前時 〜 午後時 

    

メールでのご相談

ご記入いただくご連絡先はメールアドレスだけでも結構ですのでお気軽にご相談下さい。

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。
ご希望される連絡方法(必須)
お電話
メール
どちらでも良い
お名前【任意です】
お電話番号【任意です】

半角でお願いします。
ご都合の良い時間帯【お電話の場合】
いつでも良い
9時から12時
12時から13時
13時から17時
17時から21時
特にご希望の日時がありましたらお書き下さい【お電話の場合】

(○月○日○時頃)
ご質問はこちらへどうぞ
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

相続シミュレーション:チラシ:表_1.jpg相続シミュレーション 30.1.jpg

▲このページのトップに戻る